新規登録 会員登録

●焼物別一覧●

 

店長日記

こんにちは!店長の漆畑です。

店長日記はこちら>>

ヤフオクサイト:食器の和陶

送料無料
HOME»  湯呑»  【備前焼】 面取杯 (柴岡宏和作)

【備前焼】 面取杯 (柴岡宏和作)



備前焼(手造り)


備前焼は10日間を越える長時間の焼成によって焼締められる『無釉・焼締め』を最大の特徴とします。
その姿はまさに土と炎による超越の創造であり、日本独特の感性である『侘び・寂び』に通じる自然美を備えています。
『土味』、それこそが備前焼の最大の魅力ではないかと思います。
備前焼の焼き色(やきいろ)や模様は、炎のあたり方や灰のかぶり方によって、表面に様々な模様や色合いが生じます。
代表的な窯変には緋襷(ひだすき)、桟切(さんぎり)、胡麻(ごま)、自然桟切(しぜんさんぎり)=窯変などがあります。



*緋襷(ひだすき)・・・作品と作品を重ねて窯詰めする時に焼成によってひっつかない様に藁を巻いて焼成します。藁の成分と備前粘土に含まれる成分が反応し藁を巻いた部分が朱色(緋色)に発色されたもの。

*桟切(さんぎり)・・・一部が松割木の灰に埋まり部分的に還元焼成されたもの。

*胡麻(ごま)・・・焼成の燃料である松割木の灰が窯中の空気の対流により作品に降りかかり、高温で溶け、自然ゆうとなり作品に付着したものです。窯詰めの際、作品を置く場所によってカセ胡麻、飛び胡麻、流れ胡麻など様々な異なる胡麻模様が現れます。
*自然桟切(しぜんさんぎり)=窯変・・・登り窯のスアナ付近や薪道に作品を置いて焼成したもので、作品は焼成燃料である松割木の灰に完全に埋もれた状態で焼成されます。窯の中の温度や湿度、酸素量などによって千差万別の模様になります。一般的に窯変と称され、逸品性・芸術性が高いのが特徴です。
 
 
 
斬新に面取りされた柴岡宏和氏製作の酒カップです。
遠赤外線効果で日本酒、焼酎の味を美味しくします。
湯呑にもお使い下さい。
 
 
【大きさ】  口径8.3cm  高さ9.1cm 
      (おおよその大きさです)



*手造り、窯変商品の為 模様、寸法、容量などに違いがありますのでご了承下さい。

 

  • 【備前焼】 面取杯 (柴岡宏和作)

  • 型番・品番

    SH514

  • 販売価格

    5,400円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • ラッピングイメージ(無料)◆


     

     

関連商品